LogoCandidates2021

ご支援のお願い

10月31日、ついに衆議院議員総選挙の投開票が行われました。選挙関係者の皆さま、有権者の皆さま、お疲れさまでした。この選挙のために運営を続けていた本サイトも、まだ若干のやることは残していますが、一幕下ろすことになります。

本サイトは3月21日に運営を始め、今日に至るまで7ヶ月以上運営を継続してきました。大手新聞社がまとめて候補者情報を公開するのは数ヶ月に1回か選挙直前のみという現状がある中で、選挙前から常に最新の候補者情報を取りまとめ、ウェブサイトという見やすい形で提供してきました。多くのお褒めの言葉をいただけたうえ、専門家や選挙オタクの方だけでなく、幅広い層から「選挙に興味を持つことができた」という声をいただき、心から嬉しく思います。

また6月に提供を始めた議席数予想支援機能は大変なご好評をいただきました。議席数予想は本来非常に手間のかかるものですが、候補者一覧と簡便なUI、わかりやすい結果表示を提供し、予想のハードルを大きく下げることで、これまで一部のマニアや専門家しかできなかった議席数予想を、多くの方に手軽に体験していただくことができました。議席数予想は真面目にやろうとすると考えることがとても多いので、政治の勉強にも有用だったのではないかと思います。

本サイトは最終的には47万人以上にご訪問いただき、400万回ほど閲覧いただきました。Google検索などでも上位に掲載されたため、この数字にはライトユーザーも相当含まれると思いますが、継続的にご利用いただいた方も1万人近くいたと分析しています。

本サイトは有料機能を設けず、完全に無料で提供し、広告も一切掲載しない方針を貫きました。この方針をとったことには何の悔いもありません。しかし実際のところ、これだけのアクセスを捌くにはそれなりの費用が必要になり、それらは全て中の人が個人的に負担しました。また開発作業も、どこからも対価を受け取らず個人的な趣味として行ったため、一切の収益を上げておりません。

具体的には、クラウドサーバーやドメインといった技術的設備におよそ15,000円かかりました。また開発や更新作業には (詳細にはわかりませんが) 数百〜1,000時間かかりました。

これだけの規模になったので、このたびご支援のお願いをすることにしました。特にお返しは用意しておらず、ただ単に、普通の大学生である中の人の生活費の足しになります。

Stripeを使った決済システムを用意しました。一度きりの支払いとなります。額はお気持ちに合わせて、100円単位でご自由にご設定ください。

面白いお話を聞かせてくださったり、相談に乗ったりしてくださる方で、東京都内でご飯をご一緒できる方は、ぜひTwitterのDMなどでご連絡ください