前回の衆議院選挙から間もなく4年――
今年の秋、かならず衆議院選挙が行われます。

国政選挙は、立法府たる国会に民意を届ける重要なイベントです。
しかし、必要なのは民意だけではありません。
複雑な制度を持つ国政選挙では、ことさら戦略が肝心です。

本サイトは、各党の最新の候補者調整状況についてまとめています。

Twitter アカウント
更新情報をつぶやきます。
公開半年を迎えました!
ぜひアンケートにご協力ください。

最近更新された選挙区

社会民主党が三野ハル子を公認候補として内定。
これまで無所属だった笠浩史が立憲民主党に入党。
立憲民主党がはたともこを公認候補として内定。
立憲民主党の川原田英世が出馬の意向を表明。
日本共産党山形県委員会が、石川渉の擁立を取り下げることを決定。立憲民主党の原田和広を野党統一候補とする。
自由民主党県議の脇谷のりこが無所属で立候補する意向を固める。自由民主党宮崎県連は現職の武井俊輔を党本部に公認申請しないことを決めている。
NHKと裁判してる党弁護士法72条違反でが片岡将志の擁立を取り下げ。
不祥事 (緊急事態宣言中のクラブ訪問) により昨年自由民主党を離党した松本純が、無所属でも出馬する意向を表明。復党のめどは立っていない。
日本維新の会が吉村豪介を公認候補として内定。
日本維新の会の林智興が出馬する小選挙区を東京都第10区から東京都第4区に変更。東京都第10区には新たに藤川隆史が公認候補として内定。
日本維新の会が碓井梨恵を公認候補として内定。
日本維新の会が藤川隆史を公認候補として内定。これまで東京都第10区の公認候補だった林智興は東京都第4区に異動。
日本維新の会が遠藤良太を公認候補として内定。
日本維新の会が山本剛正を公認候補として内定。
日本共産党静岡県委員会が山口祐樹の擁立を発表。
自由民主党本部が小森卓郎を公認候補として内定。
自由民主党本部が鈴木英敬を公認候補として内定。
自由民主党本部が高見康裕を公認候補として内定。